Win32DiskImagerのインストールと使い方

スポンサーリンク
レクタングル大

Win32DiskImagerとは

windowsではイメージファイルの書き込みが出来ない為、拡張子imgのファイルをSDカード等に書き込む際には専用のソフトをインストールしなければなりません。

しかし、あまりレジストリを汚したくない方はソフトのインストールに抵抗があるかと思います。
そういった場合にもWin32DiskImagerならZIP版を解凍すれば中のexeファイルから起動でき、インストーラーでのインストール無しで使用できますので私はこれを使っています。

Win32DiskImagerのダウンロード

下記ダウンロードサイトからダウンロードします。

Win32DiskImagerダウンロードページhttps://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/

Win32DiskImager-0.9.5-install.exeと書いてあるものの方はインストーラーでインストールするタイプのもの、Win32DiskImager-0.9.5-binary.zipと書いてあるものの方は解凍して中のexeファイルを開くだけで起動できるものです。自分はZIPのものを使っています。

Win32DiskImagerの使い方

Win32DiskImagerを起動します。

フォルダマークのボタンを押して読み込むimgファイルを選択し、その右側のインストール先のドライブを書き込むドライブ(マイクロSDカード等)に変更します。

imgファイルと書き込み先ドライブに間違いが無ければWriteをクリックします。

書き込んで良いかポップアップが聞いてきますので「Yes」を選択。

完了のお知らせが出ましたら「OK」を押したあとExitを押し、Win32DiskImagerを終了します。

これで書き込み先のドライブ(マイクロSDカード等)の中に読み込んだimgファイルのイメージが書き込まれます。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

人気ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル大